(県央)潟上市 金山地域 / Kaneyama in Katagami city

令和元年9月28日 / September 28th, 2019.


(通称「山の田っこ」)

9月下旬、潟上市金山地域は、稲刈りの最盛期を迎えていました。この日取材させていただいた古戸敏さんは、100枚もの田んぼを20日間ほどかけて稲刈りするそうです。
昔、砂金がとれたことから、その名がついたとも言われている金山。通称「山の田っこ」と地元で呼ばれる棚田は、山を切り開いて田んぼを造った当時の集落景観を感じさせます。

Late September was the peak of rice harvesting in the Kaneyama area of Katagami City. Mr. Satoshi Furuto, who we interviewed this day, said that every year he harvests 100 rice fields over some 20 days.
Kaneyama is said to have been named after the alluvial gold that was collected in the old times. The terraced rice fields are familiarly known as “Yama no takko” (little rice paddy in the mountains). It makes you feel like you are seeing the old village landscape from the time when the rice fields were cultivated by cutting through the mountains.

*古戸さんが栽培する花は、秋田生花(市場)に出荷されているほか、潟上市、井川町の道の駅でも販売されています。


周辺情報


マップは、金山地域を指しています。

取材:情報発信推進員 平元美沙緒